忍者ブログ
ぶらぶらしながら近畿の風景や花を中心に撮ってます カメラ関係の記事や話も書いていきます。 不定期更新ですが御緩りと見ていってください。
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


とうとう発表されました
嬉しいです

2005年い開発発表されて試作機まで完成してたのに2007年秋に開発中断、2009年に開発再開
長い道のりでした



センサーは約4000万画素で44cm×33cmと少し小さいですが、35mmサイズの約1.7倍
昨年のCAPAで話が出ていたようにローパスフィルターなし。
解像度が高い画像が期待できます
フォビオンセンサーの画像みたいにスカッとした写真が撮れるでしょうか。

価格は約80万円ほど。
1世代前の35mmフルサイズが同じぐらいの値段でしたら、高いですが中判とだと考えれば超サプライズ価格ともいえます
マミヤや八ッセルなどの中判デジタルパックが150万~200万しますからね。
小型車より高い!!!

新しい機能の一つが二軸電子水準器
左右と前後で平衡がわかります
この機能はK-7の次機種に搭載されそうです

そしてもうひとつ注目なのが新しいカスタムイメージのリバーサルフィルム

ベルビア50辺りをイメージして作ったんではないでしょうか
色彩がこってりだと思います
カメラメーカーの中でもペンタックスは色彩がこってり、派手系だといわれてる上にベルビア調ならどんな写真が出てくるのか楽しみです
これもK-7の次機種に搭載されそうです

でも、ここまで高画質になるとポートレートが怖い・・
今まで見えにくかった顔のしわがばっちり写ってしまします。
テレビがハイビジョンになって女優が大変だといわれるのと同じですね

もともと中判645はペンタックスの牙城でした
いまでも風景写真ならペンタックス645を使用してる人が多いです
以前、風景写真をいう雑誌であまりにもペンタックス645で撮った写真ばかりコンテストで入選して載るので、この雑誌はペンタックス645で撮らないと載せてもらえないのか、という苦情が来たことがあるそうです。

でも80万は買いたくても買えない。
もうすこし安い値段を期待してましたが
2年ローンを組んでやっとのレベル・・・・
せめて今週、横浜で行われるカメラのCP+でいっぱい触りたいと思います



拍手[0回]

PR



● コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ぼちぼち撮ってまんねん。・・・四季彩PHOTO
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
黒猫ホームズ
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/05/20
趣味:
写真・寺社・絵画鑑賞・ネットカフェ・お店めぐり・ごろ寝
自己紹介:
いろんな趣味を流れて見たものを残しておきたくて写真にたどり着きました。
写真の難しさにぶつかり日々鍛錬じゃないけど試行錯誤中。

使用機材
(カメラ)
PENTAX K20D
PENTAX SL
PENTAX 645
MINOLTA α-7
MAMIYA RZ645(今だ一度も使用せず)

レンズ
シグマ 28-70mmF2.8 DG
シグマ 70mmF2.8 DG MACRO
シグマ 70-300mmF4-5.6DG MACRO
タムロン 70-200mm F2.8 DiLD MACRO
カールツァイス DISTAGON25mm F2.8
カールツァイス DISTAGON35mm F2 (ZSマウント:M42)
カールツァイス PLANAR85mm F1.4
カールツァイスJene フレクトゴン35m F2.4
アポランター 90mm F3.5SL
他タクマーなどM42マウントレンズ/645レンズ

最新コメント
[06/05 のぎり]
[10/06 のぎり]
[09/27 のぎり]
[09/23 のぎり]
[08/18 のぎり]
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析